HOME > 妊活ブログ > 【不妊の原因】朝食を食べない

妊活ブログ

< 【不妊の原因】(栄養編)  |  一覧へ戻る  |  【不妊の原因】時間が不規則な食事編 >

【不妊の原因】朝食を食べない

不妊の原因(朝食を食べない)
 
20160911154244-7ffdb0ad399bb056bcea278cab4269216224ad08.jpg


食事と栄養は身体の組成や働きの源になることはいうまでもありませんね。
食事は毎日のことだから体質と、とても濃い関係です。
しかし、毎日のことだから、軽くみられる傾向にもあります。
「とりあえず簡単に済ませて、次にしっかりたべればいいか!」こんな感じです。
食事が妊活にどのような影響があり、食べ方によっては妊娠体質にプラス、
そして確率が アップする そんなうれしいことをご紹介しますね。


【目次】
・不妊体質になる食事について
・食事と妊娠率 について
・食事で妊娠率をアップする方法について
・まとめ

不妊体質になる食事

あなたとご主人、ご家族はどんな食事をされていますか?
朝食は食べない、1日2食 3食はしっかり食べ、おやつも食べる 私は朝食とるけど、
主人はとらない 夕飯は9時以降になってしまう 疲労回復に就寝前だけどガッツリ食べる あてはまることがありましたか?

これら不規則な食事内容や時間は、体の新陳代謝の低下をまねき、不妊体質へなってしま う危険があります。

食事と妊娠率

食事は毎日のことなので、楽しく、おいしく食べたいですよね。
お腹を満たすだけの食事は体の疲労は抜けません。
規則正しく適度なバランスの食事なら、多少の体の疲れやストレスにも、へっちゃらな体 がつくられます。

  • 朝は出勤ギリギリまで寝ていたい
  • 昼休みの時間が少ない
  • 仕事の終わりが夜遅い
現代社会ではよく聞くことです。
当施術院の患者様も同じ方は多いです。
しかし、このまま同じ生活を続けていたら、食事はかわらない、よって身体もかわらない 。
それどころか、体はさらに妊娠しづらい体質にかわってしまっていくことが想像できます。
せっかく病院でよい治療を受けても効果は半減してしまいます。

妊娠率を上げるには
食事を見直し改善できるように工夫することです。
食べる時間帯・朝食をとる・夕食は控えめにするなど、できることから実行してください。
これだけで結果に繋がる方もたくさんいます。

食事で妊娠率をアップする方法

では、どのような食事にすればよいのでしょうか?
あるケースをもとにひとつ紹介しますね。

朝食を食べない方 これは必ず改善しなくてはいけません。
妊娠率への影響は大きいです。

・夕飯が遅くて朝食を食べられない方
夕飯の量は控えめにしてください。翌朝、お腹が空く量がいいでしょう。
その時、満足感がないと食べた気がしないので、量で満足を得ようと大食になりがちです 。
その日の食べたいものを一品、食卓に入れてみてください。
翌朝、お腹が空いた状態で起きると、身体が軽く、朝食は自然とおいしく食べられます。

・習慣で食べていなかった方
習慣は毎日の積み重ねの結果です。
まずは、おかずやみそ汁だけ、またはパン1枚でもいいので始めてください。
ゆっくり噛みながら食べるのがコツです。
そんな時間はないよ!という方がいますが、習慣です。
やってみると案外、できるものです。
朝の時間がこんなにあるものかと再確認され、心に余裕がもてるかもしれませんね。

まとめ

食事は毎日、毎時なので意識を少しかえるだけで妊娠体質にかえられる。
毎日の習慣を見直すとできることがあるはずです。
続けられるところから始めて体質を変えましょう。
この内容は、ご主人も同じです。
精子の状態も良くしましょう。

― あなたらしい妊活で、心と身体が豊かな人生を応援 ―

< 【不妊の原因】(栄養編)  |  一覧へ戻る  |  【不妊の原因】時間が不規則な食事編 >