HOME > 妊活ブログ > アーカイブ > 2017年10月

妊活ブログ 2017年10月

妊活アドバイス

妊活がもっと効果的にあがるように、
施術中にはアドバイスをしています。


20160915231141-5bffe92d1f332d56a7462ef2d535dd499caa0759.jpg

先日、ご主人についてこんな会話をしました。

少しでも妊活に役立てばとおもいます。
もちろん、ご本人には、承諾いただいています。


【目次】
・男女の妊活の認識がちがい過ぎる
・解決策は家族

 

男女の妊活の認識がちがい過ぎる

タイミング法で妊活している、本人36歳、ご主人37歳。

当施術は6ヶ月目です。

「昨日、排卵予定なのに主人は夜中に帰宅したんです。だから、タイミングとれませんでした」

タイミング法ではいちばん多い悩みです。

タイミングをとらなければ妊娠はしない、けど、妊娠のためだけに毎回タイミングをとるのは、義務的でなんだか主人に負担かけているようで・・・

「ご主人にそのことを話してみましたか?」

「いいえ、話そうと思ったけどやめました」
「そうですか」
「では、このように話してみてはどうですか」
「2~3日後、月に1回のチャンスの日なんだけどタイミング、どうしようか?」 「仕事が忙しいなら、また、次あるから、無理しないでね」 「そういえば今日、調べてみたら女の子を出産した方の基礎体温表と今の私の基礎体温表がそっくりだったんだ!」

もうお分かりですね。
ご主人は、女の子がほしいのです。
妊娠するためのタイミングではなく、女の子が来てくれるためのタイミングと思えば 義務的な様子もなく、素直に関係がもてる気持ちになれるでしょう。

あっ、申し上げておきますが、私の経験上、女子が生まれる基礎体温表はまだ 判明していません。
子供ができればどっちでもいいんじゃない、と思われるでしょうが、これも妊活を無駄に しない知恵です。

男性は排卵がどういう仕組みで、どれほど大変なのか理解している方はごく少数です。
性教育を受けていないので、仕方がないところがあります。

生理と排卵を繰り返し行われるホルモン変化。
心身の負担は軽いものではありません。
女性と男性の妊娠に対する思考は違うと思ってください。
ただでさえストレスが多い妊活だから、無駄なストレスは減らしましょう。

解決策は家族

これで、女性の負担が減ったわけではありませんので、適度に妊活について、雑談形式で話しをしておくことが大切です。
ゴールに向かって同じ道を歩くことです。

二人の生活だと家族というイメージはまだ、それほどないかもしれませんが、妊活を始めた時から家族は構築されています。
目の前に赤ちゃんはいないけど、目に見えていない赤ちゃんために時間を調整して行動しています。これって、子供中心の生活ですよね。家族だと思います。

妊活の形はご夫婦ごとちがいますので、
二人の形をふたりでつくり、二人のところにいきたいと思ってくれている赤ちゃんに、ふたりの手を差し伸べてください。
きっと家族で力を合わせている様子は届きます。


― あなたらしい妊活で、心と身体が豊かな人生を応援 ―

1

« 2017年9月 | メインページ | アーカイブ | 2017年11月 »